ダイアジェノードジャパン


新しいRNA-seqライブラリー調整法のご紹介
―――Vol.3 2018.2.01―――


<今回のお知らせ>

本年も便利で魅力的なエピジェネティクス研究ツールをご提供して参りますので、どうか変わらぬご愛顧を、よろしくお願いいたします。

  1. RNA-seqライブラリー調整法「CATS法」の原理
  2. 初回限定おためしキャンペーン

https://www.diagenode.com/jp/users/register


RNA-seqライブラリー調整法「CATS法」の原理:

微量RNAからRNA-seq解析を行うことは、プロトコールの効率の悪さや高コストといった問題から非常に困難です。しかし、分解を受けたサンプル、血しょう、または循環核酸から微量RNAの配列決定を行うことは、臨床研究および基礎研究の両方にとって重要です。

CATS(Capture and Amplification by Tailing and Switching)と呼ばれる新しい方法なら、面倒なアダプターライゲーションや無駄なRT-PCRステップを省くことで時間短縮だけでなく、ピコグラムオーダーのRNAからライブラリーを作成でき、さらに効率の良いプロトコールにより低コストで配列決定を行うことができます。

CATSとはどのように機能するのでしょうか?Illuminaのシークエンサーに必要なアダプター配列は、鋳型RNAの第1鎖合成中にcDNAの両端に付加されます。 これは、逆転写酵素を用いた一回のRT-PCR反応で起こり、 これにより、アダプターのライゲーション反応が不要になります。 より具体的には、改変されたプライマーとターミナルトランスフェラーゼおよびテンプレートスイッチング活性を持つ逆転写酵素が、第1鎖cDNA合成に必要です。 逆転写酵素がRNAの5 ‘末端に達すると、酵素のターミナルトランスフェラーゼ活性がcDNAの3’末端に幾つかのヌクレオチドを付加します。 既知のプライマーがこのヌクレオチド配列に結合し、ここで逆転写酵素が鋳型を切り換えてオリゴの末端まで伸長し、最終的にアダプター配列が付加された完全長ライブラリーができます。

CATSのプロトコールは、一回のRT-PCR反応でシークエンシングアダプターをcDNAに組み込むことにより、従来の逆転写方法よりもRNA-seqライブラリー作成がずっと効率的になります。 これにより、分解を受けたサンプル、希少サンプル、低インプットRNA量のサンプルからのシークエンシングが可能になります。

CATS RNA-seq Kitシリーズのテクニカル資料は、下記リンク先からダウンロードして頂くことができます。

https://www.diagenode.com/jp/categories/Library-preparation-for-RNA-seq#CATS


<初回限定おためしキャンペーン>

低コストでRNA-seqが可能になる「CATS RNA-seq Kitシリーズ」に興味はありますか?今がチャンス!

割引キャンペーン:初回ご購入限定!CATS kit 50%オフ!
キャンペーン期間:平成30年2月1日~3月31日

対象:CATS キットを初めてご購入の方
備考:50%オフ価格は、弊社からお客様に直接販売させて頂く場合に適用されます。
販売店様からご購入頂く場合の価格は、販売店様にお問い合わせ下さい。

商品の詳細は下記リンクでご確認ください

https://www.diagenode.com/jp/categories/Library-preparation-for-RNA-seq


お問い合わせ

株式会社ダイアジェノード
〒930-0834 富山市問屋町一丁目8番7号
TEL:076-482-3110  FAX :076-482-3211
www.diagenode.com
info.jp@diagenode.com

※ 配信停止をご希望のお客様は、お手数ではございますが下記のメールアドレ スよりご連絡いただきますよう、お願いいたします。
※ 当メールマガジン、また、弊社へのご意見・ご感想などございましたら、 お気軽にご連絡ください。
配信停止・登録内容の変更、ご意見・ご感想はこちら: info.jp@diagenode.com
個人情報の取扱いについて: info.jp@diagenode.com

メールマガジン トップに戻る


こちらもご覧ください。

ページトップ