Chapter 6. ChIPに使う抗体を選択しましょう

LINEで送る
Pocket

ChIP grade抗体とは

ChIP-seqで使用される抗体の品質は実験の成功に不可欠です。標的タンパクを特異的に認識することが確認済みである抗体のみを使用することを推奨します。

Diagenodeは、ChIPおよびChIP-seq実験の成功には高品質が不可欠であることを確信し、厳格な品質基準とすべての抗体の実際の検証を最重視しています。

ChIP-qPCR、ChIP-seqで特異性が確認されており、加えてウェスタンブロット、ドットブロット、ELISA、免疫蛍光法、ペプチド・タンパクアレイ、RNAiなどの手法でも検証された最高品質の抗体を提供します。

私たちのChIP grade抗体はバッチごとに独自の標準ChIPプロトコールにてChIPを行い、qPCRにて確認を行います。qPCRは最少2つ以上のポジティブコントロールとネガティブコントロールを用いてテストを行い、得られたプロファイルの+/- 比が5を超えたものがChIP grade抗体として合格となります。

また、私たちのChIP-seq grade抗体はDiagenode ChIP-seq kitを用いて断片化したクロマチンを対象として次世代シーケンサーでデータを取得します。

取得したデータはENCODEをもちいて公知のデータと比較します。主要な40のピークについて得られたプロファイルが90%を超えるオーバーラップを示し、%RIPが既知のデータと少なくとも同等の高さを有するような抗体が製品として合格となります。

品質管理の詳細については抗体のバリデーションについてまとめたDiagenodeのこちらのページをご覧ください。

こちらもご覧ください

 Antibodies-validation | Diagenode

(グローバルサイトにリンクします)

手法を問わず高い製品品質を保証するため、検証手順と生産手順は全て標準化されています。また他社にはない特徴として各バッチは検証され、バッチ固有のデータはウェブサイトwww.diagenode.comで入手できます。

多くの研究者にご利用いただき、論文に引用されているDiagenodeの抗体をぜひ一度お試しください。

ChIP grade抗体

検証されたChIP-grade抗体・抗体検索はこちらのページをご覧ください。

Diagenode製品を使用している研究者による報文リストです。

Anti-TBP Mab

Condensin Targets And Reduces Unwound DNA Structures Associated With Transcription In Mitotic Chromosome Condensation.
July 2015 ・ Nature communications Vol: 6 ・ PMID: 26204128  PubMed | Full-text article Journal title page 
• Takashi Sutani • Toyonori Sakata • Ryuichiro Nakato • Koji Masuda • Mai Ishibashi • Daisuke Yamashita • Yutaka Suzuki • Tatsuya Hirano • Masashige Bando • Katsuhiko Shirahige

Anti-EZH2 Ab

STAT6-Mediated Displacement Of Polycomb By Trithorax Complex Establishes Long-Term Maintenance Of GATA3 Expression In T Helper Type 2 Cells.
October 2010 ・ The Journal of experimental medicine Vol: 207 Issue:11 ・ PMID: 20956546  PubMed | Full-text article Journal title page 
• Atsushi Onodera • Masakatsu Yamashita • Yusuke Endo • Makoto Kuwahara • Soichi Tofukuji • Hiroyuki Hosokawa • Akinori Kanai • Yutaka Suzuki • Toshinori Nakayama

mouse anti-Ty Ab

Zbtb20 Promotes Astrocytogenesis During Neocortical Development.
March 2016 ・ Nature communications Vol: 7 ・ PMID: 27000654  PubMed | Full-text article Journal title page 
• Motoshi Nagao • Toru Ogata • Yasuhiro Sawada • Yukiko Gotoh

The Cytoplasmic Region Of Plasmodium Falciparum SURFIN4.2 Is Required For Transport From Maurer’s Clefts To The Red Blood Cell Surface.
December 2015 ・ Tropical medicine and health Vol: 43 Issue:4 ・ PMID: 26865830  PubMed | Full-text article Journal title page 
• Wataru Kagaya • Shinya Miyazaki • Kazuhide Yahata • Nobuo Ohta • Osamu Kaneko

rabbit anti-Rorb Ab

Identity Of Neocortical Layer 4 Neurons Is Specified Through Correct Positioning Into The Cortex.
February 2016 ・ eLife Vol: 5 ・ PMID: 26880563  PubMed | Full-text article Journal title page 
• Koji Oishi • Nao Nakagawa • Kashiko Tachikawa • Shinji Sasaki • Michihiko Aramaki • Shinji Hirano • Nobuhiko Yamamoto • Yumiko Yoshimura • Kazunori Nakajima

LINEで送る
Pocket

こちらもご覧ください。

ページトップ