Streptavidin ChIPを実施した実績はありますか?ビオチンフェノール+過酸化水素によるラベリングはソニケーション・免疫沈降に影響を及ぼしますか?




【FAQ】Streptavidin ChIPについて



Streptavidin ChIPはChIP-seqグレードの抗体がない場合に採用できる、近接依存性標識(Proximity Labeling Techniques)を利用した免疫沈降法です。

Streptavidin ChIPで使用する少量のフェノール・過酸化物の混入はChIPに影響を及ぼすとは考えられませんが、混入は最小限にすることが望ましいです。



こちらもご覧ください。