転写因子をChIPして得られたDNAの濃度を知りたいのですが、どのようにすればよいですか?




【FAQ】ChIPして得られたDNAの定量方法



免疫沈降したDNAの量は、サンプル中の転写因子の量に依存しますが、同時にゲノムDNAの混入に由来するバックグラウンドシグナルの吸光が定量に大きく影響します。

従って、DNA濃度の定量は吸光光度法に拠らずqPCRを用いることを推奨します。

qPCRでは転写因子領域特異的な領域を増幅するポジコンの増幅量と、転写因子領域とは関連しないネガコンの増幅量と比較して目的領域の濃縮を確認してください。



こちらもご覧ください。