脱クロスリンクの反応条件について、65℃、4時間は十分ですか?オーバーナイトで反応させる意味はありますか?




【FAQ】脱クロスリンクの反応条件2



オーバーナイトでのインキュベーションは次の日まで実験を止めておく便利なステップとして活用できますが、通常反応時間は4時間で十分です。

ただし、長時間クロスリンク反応が行われた場合や、追加のクロスリンク試薬が使用された場合は延長されるケースもあります。とはいえ、その場合でも4時間であれば十分である可能性が高いです。



こちらもご覧ください。