細胞の膨潤や細胞核の溶解、ソニケーションに最適なバッファー調製のプロトコールはありますか?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket



【FAQ】ChIPのバッファー調製方法について

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

高品質なクロマチンの調製は複雑なプロセスを含むため、バッファー調製にも多くの最適化が必要です。

Diagenodeでは実験の最適化に役立ち、ChIP前に効率よくクロマチン調製を行っていただけるChromatin EasyShear Kitsをご用意しています。

実験対象やサンプルのタイプに応じて、バッファー組成・SDS濃度・プロトコールがクロマチン調製に最適化されています。

Chromatin EasyShear Kitsを用いたクロマチン調製の最適化法についての詳細はこちらをご覧ください。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

こちらもご覧ください。