次世代シーケンスで、サイズの大きい複雑な構造のゲノムを解析するのに必要なリード長とシーケンス深度はどのくらいですか?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket



【FAQ】ChIP-seqに必要なリード長とシーケンス深度

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

リード長はサンプルの種類、実験目的及びシーケンスカバレッジの要件に応じて選びます。

長いリード長は、よりシーケンスのオーバーラップを生じる方向に働くためゲノムのde novoシーケンスや繰り返し領域の解読の信頼性を高めるのに大変有用です。

発現プロファイル解析や発現計数などのアプリケーションの場合、短いリード長でも十分でコスト的にも優位です。

ほとんどのChIP-seq実験ではリード長は50 bpで十分です。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

こちらもご覧ください。

ページトップ