免疫沈降前に各サンプルが同じクロマチン量を含むよう定量するのに適した方法はありますか?




【FAQ】クロマチンDNAの定量法



クロマチン調製・断片化用の初発サンプル量を例えば100万細胞/1免疫沈降と揃えてから処理することをお勧めします。

多少の増減は問題ありませんが、クロマチン調製時の初発細胞数・組織量を可能な限り揃えてください。

クロマチンの定量が必要な場合は、DNAは精製し、Qubitなどの蛍光法を使用して定量を行ってください。



こちらもご覧ください。