Lysis Buffer(可溶化バッファー)に1% SDSが入っているのですが、多すぎませんか?サンプルの変性が気になります。




【FAQ】Lysis BufferのSDS濃度について



SDSは1%までの濃度で添加することによってソニケーション効率を向上させることができます。しかしながら、添加することによりターゲットタンパク質が変性したり、高次構造を解離させるリスクも増大します。

従って、実験条件やターゲットの種類に合わせたSDSの最小濃度を決めて実験することが大事です。

他の界面活性剤はSDSのソニケーション効率向上の効果を打ち消す場合があるため、可溶化バッファーやソニケーションバッファーの組成にはバランスを考慮する必要があります。

ダイアジェノードのEasyShear kitやChIP kitでは、ChIPのターゲットに応じて、SDS量を最適化したバッファーを使用していただけます。

また、SDSの濃度を変えた場合の検証済みの断片化プロトコールについてもご用意しています。詳しくは下のURLをご覧ください。

https://www.diagenode.com/jp/categories/chromatin-shearing(グローバルサイトにリンクします)



こちらもご覧ください。