転写因子の解析で細胞の可溶化に1% SDSが使用されている場合、可溶化と断片化に1% SDSを用いた後、免疫沈降前に0.1% SDSとなるようサンプルを希釈しても良いですか?




【FAQ】転写因子ChIP時の添加SDS濃度



転写因子の解析用にサンプルを処理する際、1% SDSは濃度として高すぎて転写因子の変性やクロマチンからの脱離を引き起こす可能性があります。

Diagenodeでは転写因子のChIPには通常0.2% SDSを使用しており、この濃度であれば影響が最小でかつその後の抗体とのインキュベーションにも支障がありません。

0.2% SDSバッファーは弊社のChIPキットiDeal ChIP-seq kit for TFEasyShear kit – Low SDSにも同梱され、使用されています。



こちらもご覧ください。