転写因子をターゲットとしたChIPを行おうと思います。400万個の細胞を用いて実施しようと思いますが、ソニケーション用に再懸濁する際のバッファーの最適な体積はどのくらいですか?




【FAQ】ソニケーション前の細胞の再懸濁について



100~300万個・細胞あたりShearing buffer 100μLが通常最適な体積です。

ただし、使用される細胞の種類によって最適な体積は変動します。



こちらもご覧ください。