クロマチン調製を酵素法で行う場合、micrococcusヌクレアーゼの濃度設定はソニケーションサイクルと同じくらい重要ですか?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket



【FAQ】酵素法によるクロマチン調製について

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

酵素法でChIPに最適な長さのクロマチンDNAの断片長を得るためには、ヌクレアーゼ濃度と反応時間の最適化を行う必要があります。

酵素法のプロトコールは以前は頻繁に使用されていましたが、酵素の使用に起因する再現性とバイアスの問題を避けることは困難です。

確かに酵素法で得られたクロマチンDNA断片はChIPに適していますが、次世代シーケンスで網羅的に配列解読した際に、シーケンス結果にバイアスを生じる可能性があるためです。

従って、クロマチンDNAの断片化方法としては、ソニケーションをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

こちらもご覧ください。

ページトップ