超音波処理時にSDS濃度を低くすることのメリットは何ですか?




【FAQ】ソニケーション時のSDS濃度



SDSの添加により、ソニケーション効率を向上し、クロマチンの収率、エピトープの保存性も高めることができます。

しかしながら、SDS濃度が高いとDNAに直接結合しないタンパク質同士の相互作用を損なう可能性や、変性に弱いエピトープを失って抗体結合に影響を与える可能性が生じます。

SDS濃度については実験のターゲット毎に必要性を検討し、量を調整することが必要です。

下のリンクでご紹介している質問もご覧ください。



こちらもご覧ください。