神経膠芽腫由来ニューロスフェアからのクロマチン調製にはどのような手順が推奨されますか?これまでのところ、ChIPキット添付の可溶化バッファーを使用しても、十分に可溶化した細胞は得られませんでした。




【FAQ】ニューロスフェアのChIPについて



組織または弾力性のある細胞タイプの場合、高品質のクロマチンを得るために多段階の可溶化・ホモジナイゼーションステップが重要です。可溶化・せん断バッファーの組成、サンプルの濃度、およびその他のパラメーターが、最終的なChIPのパフォーマンスに影響を与えます。

(様々な細胞由来のニューロスフェアを使用している論文を参考までご紹介します)

EHM, Oliver, et al. RBPJκ-dependent signaling is essential for long-term maintenance of neural stem cells in the adult hippocampus. Journal of Neuroscience, 2010, 30.41: 13794-13807.

https://www.jneurosci.org/content/30/41/13794.full

NARUSE, Chie, et al. Heterochromatin protein 1γ deficiency decreases histone H3K27 methylation in mouse neurosphere neuronal genes. The FASEB Journal, 2020, 34.3: 3956-3968.

https://faseb.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1096/fj.201900139R

GALLAGHER, Denis, et al. Ankrd11 is a chromatin regulator involved in autism that is essential for neural development. Developmental cell, 2015, 32.1: 31-42.

Supplemental Materials

https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S1534580714007709-mmc1.pdf



こちらもご覧ください。