ChIPで複数の抗体を使用するケースで反応条件がそれぞれ異なる場合、コントロール抗体は適切と言えるでしょうか?1つの抗体の洗浄条件や細胞数の条件がもう一方の抗体とかなり差があるのですが。




【FAQ】ChIPで抗体の処理条件が違いすぎる



実験にChIP-seqグレードの抗体をご使用いただくことを推奨します。すべてのDiagenode ChIP-seqグレードの抗体は、標準のChIPワークフローで非常に良好に機能します。

開始量、洗浄ステップなどwww.diagenode.comで各抗体の推奨事項とシーケンス検証を確認してください。

最適な結果を保証するために、バッチ検証済みのChIP-seqグレードの抗体を提供しています。

また、処理条件を揃えるために、たとえば開始量を減らしバックグラウンドを削減するなど、処理条件をさらに最適化することも可能です。

ここでの成功のポイントは、ターゲット量と抗体効率に依存します。

最適化を実施する際は、標準のパラメータを使用したワークフローと並行して行い、パラメータ変更した際の結果を比較しながら進めることをお勧めします。



こちらもご覧ください。