ChIPに使用する初発サンプル量が少ない場合、実験手順での対応で結果を改善する方法はありますか?




【FAQ】ChIP実験に使用できる細胞数が少ない時どうする?



細胞・組織サンプル量が少ない場合でも、ヒストンをターゲットとしたChIPの場合は非常に優れたChIPデータを取得できることがよくあります。

以下の手順を調整することにより、最少10,000個のサンプルを確実に処理できます。

  1. サンプルのロスを避けるために取り扱い手順を減らします
  2. 段階的溶解プロトコールではなく1ステップでの溶解プロトコールを使用してください
  3. 超音波処理プロトコール、サンプルのバッチ処理量、抗体/ビーズ量を調整します
  4. ChIP-seqで検証された高品質の抗体(ChIP-seqグレード抗体)を使用します
  5. オンビーズ(protein Aビーズ上)ライブラリの生成を検討してください(ChIPmentation)

上記の推奨事項は、True MicroChIPおよびµChIPmentationワークフローで最適化された形で実装されています。是非ご利用ください。



こちらもご覧ください。