異なる種類の細胞に対して同じChIP実験を行う際、注意すべき点はありますか?



【FAQ】異なる細胞に繰り返しChIP



特定の細胞で一度確立したChIPの条件で新たな種類の細胞を用いてChIPを行いたい場合、多くの場合では同じプロトコールを転用できますが、調整が必要な場合もあります。以下のポイントを押さえることにより、円滑に実験を行いましょう。

① 細胞が異なっても細胞数を揃えてChIPを行うことにより、検討条件を整理できます

② ホモジナイズと可溶化条件について、細胞に応じた条件検討が必要な場合があります

③ クロマチン断片化の条件(ソニケーションなど)に調整が必要な場合があります

④ 細胞数が異なる場合などには、再度抗体量の最適化を行うことが推奨されます

⑤ qPCRのプライマー(ポジコン、ネガコン領域)配列が使用可能かご確認ください

ダイアジェノードのソリューション一覧をご紹介します(グローバルサイトに移動します)



こちらもご覧ください。