大きいサイズのクロマチンフラグメント(例えば>2 kbp)を免疫沈降したいのですが、Megaruptorを使用しても良いですか?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket



【FAQ】ChIPでMegaruptor?

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

Megaruptorで使用している技術についてはクロスリンクなどの固定化作業をしていないDNAやRNAの使用を前提にしていますので、理論的にはクロスリンクされたフラグメントにも使用可能とは考えられるものの追加で最適化が必要になると思われます。

また、ChIP実験においてもそのような大きなフラグメントの使用はバックグラウンドシグナルが高くなる恐れがあるため推奨しておりません。

参考までに、Picoruptorで安定して得られるフラグメントの鎖長範囲は100-800 bpです。その範囲内での実験もご検討ください。

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

こちらもご覧ください。

ページトップ