エピジェネティクス受託解析サービス


興味深い現象を発見し、それについてどのようなことが起こっているのか詳細に知りたいのに、手元の研究施設は十分なリソースを備えていない、またはリソースを揃えるまで待つだけの時間がない…そのような状況でもDiagenodeがお手伝いできます。

Diagenodeは、多様なニーズに応える受託解析サービスをお客様に提供しています。エピジェネティクス関連機器・試薬メーカーとして、サンプル処理やデータ解析に精通した経験豊富なスタッフが解析を行います。

弊社のサービスの特徴は以下の通りです。

  1. 品質管理された試薬・専用機器を用いて高い再現性を実現
  2. お客様との対話を通じてプロジェクトデザインをカスタマイズ
  3. 各プロジェクトに社内の専門家が専任
  4. 統合データ解析
  5. プレゼン品質のデータと図

Diagenodeはエピジェネティクス関連受託解析サービスとして以下のサービスを提供しています。

ATAC-seq 受託サービス

ATAC-seq(Assay for Transposase-Accessible Chromatin using sequencing)は、ある状態における細胞内のオープンクロマチン領域をトランスポザーゼを用いてゲノムワイドにタグ化し、得られたタグの配列を決定する解析方法です。

ChIP-seqプロファイリングサービス

現在、エピゲノム研究に最も選ばれているのはクロマチン免疫沈降(ChIP)アッセイです。ChIPは、特定のタンパク質または修飾された形態のタンパク質とゲノムDNA領域間の相互作用を研究する貴重な方法です

DNA メチル化プロファイリング (RRBS 受託サービス)

Reduced representation bisulfite sequencing (RRBS) 技術はゲノムの一部分を濃縮してメチル化解析を行うことによってシーケンス量を減らす手法です。カバレッジが200~400 万CpGと非常に高く、CpGメチル化解析に適しています。

magnetic_medip_overview

MeDIP-seq 受託サービス

5-mCに特異的な抗体を用いた免疫沈降を利用した手法で、理論的にゲノム上の全てのCのメチル化状態を数百ベースの解像度で解析することが可能です。また、5-hmCに特異的な抗体を用いることによってDNAヒドロキシメチル化を研究することも(hMeDIP-seq)可能です。

DNA メチル化プロファイリング (WGBS受託サービス)

全ゲノムバイサルファイトシーケンシング (WGBS) 技術は、NGSを用いてゲノムストランドごとのメチル化状態を1塩基スケールの解像度で網羅的に解析できる技術です。

Infinium Methylation EPIC array 受託サービス

Infinium Methylation EPIC arrayはバイサルファイト処理による塩基変換とIllumina®社の技術に基づいており、1塩基の分解能とゲノムワイドなカバレッジを持つDNAメチル化解析技術です。

Diagenodeでは、RNA-seqも含めた重層的な解析サービスをワンストップで受託でき、機能的エピジェネティクスに対する理解を深めるための、エピゲノム全体に対する解析を実施します。

グローバルサイトで各サービスの詳細をご案内しておりますのでそちらも是非ご覧ください。

service workflow
サンプル処理からデータまで

こちらもご覧ください。

ページトップ